特集

エアーガン本体

電動ガン
ハンドガン
ボルトアクションライフル
ショットガン

エアーガン以外の本体

モデルガン

オプションパーツ

マガジン

カスタムパーツ

カスタムバレル
電動ガンメカBOXパーツ
電動ガンドレスアップパーツ&強度アップパーツ
ハンドガンドレスアップパーツ

装備品・その他

トップ > 国内メーカー電動ガン > 東京マルイ > M16A1シリーズ > 東京マルイ・コルトM16A1 ベトナムバージョン 電動ガン スタンダードタイプ

M16はユージン・ストーナーによって開発されたアメリカ軍の小口径アサルトライフル(自動小銃、突撃銃)である。商品名はAR-15でM16はアメリカ軍制式採用名称。
M16はフェアチャィルド社のアーマライト事業部が開発した7.62mm口径のAR-10を5.56mm用にサイズダウンしたものである。
この小型化は当初アジアや南米の親米政権諸国向けの援助武器として、小柄な人種でも扱いやすいように考慮した結果である。
その後コルト社が製造権を得て、アメリカ軍に提示し、小口径アサルトライフルとして初採用された。
従来のM14ライフルから小口径化することにより、兵士一人当たりの携行弾数を大幅に増加させることに成功した。
M16A1ヴェトナムバージョンはアメリカ空軍に採用、南ベトナム軍に供与されたモデルである。
ガス直圧機構が原因で燃焼ガスでボルトが汚れ回転不良や不完全閉鎖が多発したこと、ボルトチャージハンドルはボルトを開放できるものの、構造的に不完全閉鎖したボルトを閉鎖する事ができないためその対処を問題とされた。
また特長的な先割れ型チューリップハイダーを装備している。
ボルトのコッキングハンドルとボルトが分離しているため、汚れなどによりボルトが不完全閉鎖をおこすと射撃ができなくなるという理由で陸軍側は強硬に追加を要求したとされる。
ストーナーは不完全閉鎖は銃に問題があることを示すものでそれを強制的に閉鎖させ発射することは銃の破壊につながり危険であると主張したが結果的に陸軍側の主張どおりボルトフォワードアシストは追加された。
またベトナムという高温多湿な気候下での実戦投入を通して、ボルトのクロームメッキ処理、ストック内へのメンテナンスキット収納といった小改良が加えられた。
また、それまでのライフルに比べて頻繁なメンテナンスが必要であったにもかかわらず、当時の陸軍兵士たちの間では先進的な銃という印象から逆にメンテナンスを疎かにする傾向が見られたため、活字ばかりのマニュアルからグラマーな女性の漫画入りのマニュアルに改め注意を喚起したというエピソードがある。
M16A2との一目でわかる違いはおにぎり断面型のハンドガードである。
また電動ガンM16VNはシュートタイプの190連多弾装マガジンを装備し各所に金属パーツを多用した設計となっている。

装弾数 : 190発
全長 : 987mm
重量 : 2550g ラージバッテリー※バッテリー・充電器別売り
メーカー希望小売価格:29,800円 (税別)

東京マルイ・コルトM16A1 ベトナムバージョン 電動ガン スタンダードタイプ

メーカー希望小売価格
32,184円(税込)
価格
21,884 円(税込)
製造元
商品コード
100003
数量

品切れ

15,000円以上お買上で送料無料!※北海道・沖縄・離島及び大型商品を除く

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ

Copyright (c)総合エアガンショップ モケイパドックAll Rights Reserved.