トップ > 話題の新着商品 本体編 > タナカ ガスガン Smolt Revolver 6inch HW Ver.3
リボルバー > タナカ > タナカ ガスガン Smolt Revolver 6inch HW Ver.3

タナカのペガサスシステムガスリボルバーのSmolt Revolver 6inch HW Ver.3。
日本ではスマイソンの名で一般に知られるハイブリッドリボルバーのガスガンモデルだ。 精度の高いコルトパイソンバレルを、優れたトリガーメカニズムを持つS&Wリボルバーフレームと合体させた究極のリボルバー。

日本では、「SMYTHON(スマイソン)」の名が一般的だが、タナカワークスでは、Ver.3化に伴い米国で一般的な「SMOLT(スモルト)」のネーミングに変更した。

1970年代のS&W357マグナムリボルバーには、バレル下のウエイト装備(フルラグ)のモデルが存在せず、ライバルであるコルト社のパイソンのほうが精度が高く、アンダーラグによる重量増加で、射撃時の跳ね上がりを抑えていた。
そしてパイソンバレルは精度やライフリングの効果も高く、弾頭により強い回転を与えられるといわれている。

しかしパイソンのトリガーアクションはスムーズな反面、ハンマーの落ちる瞬間がつかみにくく、反対にS&Wアクションはトリガーコントロール上は有利とされていた。

そこで腕利きのガンスミス達は両者の長所どうしを組み合わせた究極のハイブリットリボルバー“スモルト”が誕生。

幾人かのガンスミスが存在し、中でもカリフォルニア州のビル・デイヴィス氏がよく知られ、一般的なヨークにロッキングボールを仕込むタイプとは別に、エジェクターロッド先端をロックする手の込んだビル・デイヴィス初期作品は希少性の高いものだ。

パイソンのバレルとシリンダーサイズを忠実にコピーし、立派なアンダーラグをもつLフレームM586が登場するまでは、PPC競技において圧倒的な存在感と魅力を放っていたカスタムリボルバーといわれる。

そのスモルトをタナカワークスでは、最新のM19 Ver.3ガスガンをベースに再現。気温に左右されにくく燃費も向上したシステムに、ウエイト入りホーグタイプのラバーグリップを標準装備。

全長290mm、重量910g、装弾数13発。

タナカ ガスガン Smolt Revolver 6inch HW Ver.3

メーカー希望小売価格
28,380円(税込)
価格
21,890 円(税込)
製造元
商品コード
602985
数量

かごに入れる すぐに購入

3,980円以上送料無料!(北海道・沖縄・離島・一部地域への配送は、9,800円(税込)以上で送料無料)



この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ

Copyright (c)総合エアガンショップ モケイパドックAll Rights Reserved.