トップ > 海外メーカー電動ガン > CYMA XM177E1  フルメタル ETU電子トリガー 電動ガン
S&T・CYMA・A&K > CYMA XM177E1  フルメタル ETU電子トリガー 電動ガン

電動ガン CYMA XM177E1 フルメタル ETU電子トリガー(CME009E)。
CYMAのフルメタル電動ガンのXM177E1のETU電子トリガー装備だ。

メタルレシーバー上下と一本物のメタルアウターバレルで構成された剛性の高い精緻な造形のXMで、パーカライズドブラストカラーに染め上げられている。
ETUと電子トリガーを搭載し、驚異のセミオートのレスポンスを実現した。

実銃のXM177は、1966年にアメリカ陸軍が特殊部隊向けに限定配備した突撃銃である。
ベトナム戦争時代、アメリカ軍SOGなどの特殊部隊は、任務の性格上、M16の様な全長の長い銃では取り回しが悪いため、より小型のライフルを要望した。

そこでコルト社が用意したのが、M16をベースに全長を切り詰めた「M607 CAR-15 」と呼ばれるモデルである。
しかし、銃身長を半分にまで切り詰めたこのモデルは、激し過ぎる発砲音やマズルフラッシュなど、必要とされる特殊作戦にはむしろ極めて不向きという欠点を有していた。  

そこでコルト社は、長く大型のフラッシュハイダーを装備させることでこの問題の解決を図った。
このモデルは「M609 CAR-15 Commando」と呼ばれ、現在のものに近い伸縮式ストックと、リブつきの円形ハンドガードを有していた。

スタイル面でいえばM16系ショートモデルのスタンダードを築いたモデルであろう。アメリカ陸軍はこのモデルにテストナンバーの“X”ナンバーを与えて試験採用した。
これが「XM177」である。

XM177の仮名称は、戦後も名前が定着したのかそのまま公称となった。
 後に、戦場で得たデータをもとに、銃身の延長やコルト製XM148グレネードランチャーを取り付け可能とするなどの改良が加えられた「XM177E2」が登場しているため、初期のXMをXM177E1と呼ぶ。

さてこのフルメタル電動ガンモデルは、質感高く、剛性の高いモデルだ。
フルメタルをまとった精悍な南無戦ゲームユース向けに最適なハイサイクルウエポンとしてフィールドで活躍してくれるだろう。

装弾数300発(M社のマガジンが共用性あり)、全長850〜770mm、重量3,900g。


メーカー希望小売価格(税抜):32,800円

CYMA XM177E1  フルメタル ETU電子トリガー 電動ガン

メーカー希望小売価格
36,080円(税込)
価格
28,800 円(税込)
製造元
商品コード
602839
数量

かごに入れる すぐに購入

3,980円以上送料無料!(北海道・沖縄・離島・一部地域への配送は、9,800円(税込)以上で送料無料)



この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ

Copyright (c)総合エアガンショップ モケイパドックAll Rights Reserved.