特集

エアーガン本体

電動ガン
ハンドガン
ボルトアクションライフル
ショットガン

エアーガン以外の本体

モデルガン

オプションパーツ

マガジン

カスタムパーツ

カスタムバレル
電動ガンメカBOXパーツ
電動ガンドレスアップパーツ&強度アップパーツ
ハンドガンドレスアップパーツ

装備品・その他

エアガン情報局

インフォメーション

トップ > ボルトアクションライフル > ガスボルトアクション > 【モケイパドック】 38式歩兵銃・ガスボルトアクション サバゲー

タナカのガスボルトアクションの38式歩兵銃だ。美しい木目の木製銃床、レシーバー上部に刻印された菊の御紋と38式の文字はこの銃がかって皇軍に御下賜された装備品である履歴を伺わせる。
また、サードパーティからリリースされている30年式銃剣も着剣ラグに装備できるので合わせて購入するのも良いだろう。
38式歩兵銃は日本帝国陸軍が明治38年(1905年)に制式採用した近代日本史に名高い6.5mm口径の軍用小銃だ。南部14年式を開発した南部麒次郎大尉が30年式をベースに改良・開発した。
銃上面に刻印された菊の後紋章とともに第二次大戦まで使われた帝国陸軍を象徴する小銃だ。
この銃の優れた命中精度とともに、敵に脅威を与えたのは、発射音が比較的小さく発砲煙もすくないといった長所であり、発射位置の特定が困難なため、三八式歩兵銃の狙撃戦術は、連合国軍に大きな脅威を与えていた。
また、銃弾の殺傷能力が低いため、即死者よりも負傷者がおおく生じ、より多くの救護兵を割かれるといったことも特徴的であったと伝えられる。
しかし米軍を主敵とする太平洋戦争時には、オートマチックライフルでないために連発射撃が出来ず、長い銃身長のためにジャングルや島嶼戦、特に防御戦闘に向かず、またその弾頭の小口径により悲惨な戦闘を強いられる小銃となった。
さて、このモデルはタナカワークスの丁寧かつ精緻な造型のもので、銃床後部の合わせ目等(38式は近接戦闘時に銃床で敵を殴打する為、銃床が破断しないようあわせ2ピース構造としている)や菊の後紋章(制約上16弁ではなく15弁ですが)も含めてきちんと再現されている38式のエアーガンの決定版だ。
メーカー希望小売価格88000円。(税別)
KTWからリリースされている30年式銃剣(16038円)も着剣ラグに装備できるので合わせて購入するのも良いだろう。

【モケイパドック】 38式歩兵銃・ガスボルトアクション サバゲー

メーカー希望小売価格
円(税込)
価格
79,800 円(税込)
製造元
商品コード
100721
数量

品切れ

15,000円以上送料無料!(北海道・沖縄・離島・大型商品除く)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ

Copyright (c)総合エアガンショップ モケイパドックAll Rights Reserved.